従来のシステムエンジニアの仕事の多くは、システムその物が普及をしていなかったため、企業が求める一般的なシステム内容に対して、構築して行く事が一般的でした。ただし、近年は開発会社が競争に打ち勝つために、ただ求められる内容のみならず、誰も発想しない様な新しいシステム開発が求められています。

つまり、ただ与えられた内容を遂行して行くのでは無く、周りが驚く様なシステムが求められていると言えるでしょう。漫画家が持つ新しい物を生み出す発想力は、システムエンジニアの業界が求めています。プログラム言語を組み立てる内容と言うのは難しく考えてしまいますが、漫画家の方にとってはいたって簡単です。

例えば、漫画においてある表現を行う場合は鉛筆で描く事になりますが、その表現が言葉だけで表現をする事が可能であり言葉のブロックを組み立てて行く様に組み立てて行くだけです。絵を描くには、時間を要する物ですが、言葉であれば絵を描くより簡単に表現できる場合もあります。同じようなプログラム内容であれば、一度作り出した内容は、コピーなどをして使い回しができるメリットもあります。

漫画家からの転職は、一般の人が転職を行うよりも行ない易い内容と言え新しい表現内容が仕事に対してやりがいをも持ち易くなります。システムエンジニアの仕事内容の中には、ただプログラムを組み立てるのみならず、端末に表示させるためのデザインなども手掛ける事もあります。知識欲を必要とする漫画家からの転職は、企業が求めていると言うよりも社会が求めている内容と言えるでしょう。